月収50万円 Sayのアフィリエイト考察ブログ

どうすれば稼げるのか、実体験を含めて書き綴って行きたいと考えています

二〇一三年水無月

リライトツール


大量の記事投稿に、リライトツールはかなり役に立ちました。

なんと言っても、最初から用意した文章を、

自分の頭でいちいち変更を考える労力を減らす事が出来るのだから。


とはいえ、決してそれだけで終われる万能ツールという訳ではありません。

ツールを通しせば、自分の言葉になるなんてものじゃないし、

文章をシャッフルさせるだけだから、文章を読み直し、おかしな所は修正しなければ駄目です。

更には、ブログによっては「禁句」があるから、それも修正しなくてはなりません。

ある程度手間は掛かりますが、一日で数記事を投稿するに、相当時間短縮に役立ちました。



興味ある方は以下を参考にしてみるのも良いかもですね。

無料で、こちらから登録できます。



工房リライトツール

手違いでメールを解除してしまったら、再登録出来なくなりました。
残念です。



簡易リライトツール EASY SHUFFLER

こちらも同機能で無料で使用できます。




記事生成ツール『ゴーストライター』


動作映像

試しで初回しか無料で使えなかったけど、自分で作る文章より立派ですね。

有料で使用出来るようになれば、ぜひ使いたいツールです。

少々残念な事に、今は無料配布停止しているようです。



Ferret


サンプル試用として文字制限があった記憶が

有料登録すれば負けず劣らず、良いツールだろうとは思うんですが。




ネット上では、どうすれば良いのか

ネット上でアフィリエイトするには、

「集客する」
「教育する」
「販売する」

という流れが鉄則になります。



「集客する」

これは関心のある人を沢山呼び込む仕組みや作業が必要になります。

「アメーバ」は、それ自体が一つのSNSになっていて、芸能人はじめ、

非常に多くの人が集まっている上に、読者登録やベタやアメンバーといった独自の集客方があるから、

集客をメインに考えると、非常に有用なサイトですから、活用せずにはいられません。


それ以外では、検索エンジンやツイッターからの呼び込みがメインになるから、

検索エンジンで見つけてもらうために、検索キーワードがしっかり盛り込まれる必要性があります。

検索キーワードは、記事や記事タイトル、メタタグにいくつか盛り込みます。

だから検索キーワードを増やす為にも、検索エンジンから拾ってもらう為にも、

記事数は多いに越した事はないんです。

有用な記事を増やしていかなければならないから、ブログでアフィリエイトする為や、

集客に結果的に時間がかかるんですね。



「教育する」

ここで商品の説明などする訳です。

購入者の立場としたら、紹介されているものが、

どういうものか解らないでは、購入意欲は持ってもらえません。

それを使ったら、どうなるか? デメリットは何なのか? メリットは何なのか?

少なくとも自分が購入者だったら、その様に考えていないでしょうか?

だからこそ、そういう情報を提供しなければなりません。

出来ればメールマガジンで伝えられれば、尚効果的になるでしょう。



「販売する」

ここまで来れば、後はランディングページへの誘導になります。

ランディングページは、いかにして購入意欲をそそるかに力を置いた作りになっています。

その為、販売期限・使用者の感想、貴方の考えているものとは違うというアピール、販売者の自己紹介

値引き(正直広告表示法では禁止になっている二重価格・三重価格表示が平気で横行しているのが気になる所です)




これまでの流れを、どう作ればいいのかを身に付けるために非常に参考になった教材がありました。

それが「Frontier Affiliate2」です。

Frontier Affiliate2の良い所は、自分でランディングページを作らなくても、用意されている事、

紹介記事も大量に用意されている(但しリライトしなければならない)、

検索エンジン対策(SEO)用のブログパーツの用意、集客ツールまで用意されていました。


Frontier Affiliate2を実践したのが、このブログになります。

結果は、自分の集客が甘かった事、大量の記事をリライトツールに頼った事がマイナスになっている

だろう反省点も見えて来ました。





販売する事の基本骨子


世の中、何かを販売する、と言う事について語りたいと思います。

どういう人が自分から商品を買ってくれるでしょう?

それは、関心があり、欲しいと思っていてくれる人にしか物は売れません。

この基本原理はアフィリエイトにおいても変わりません。

ですから、欲しい人に、関心のあるものを提示すれば、

後は懐具合と、欲しいという思いで決まるんですね。





出来れば、競争が激しくない分野は自分に有利になりますね。
(そういう条件に合う商品を探すのが大変なんですが)




出来れば、購入意欲のある人から見て、販売者である自分が信用されるのが尚良い訳です。
(貴方は何をもって客から信用を得たいですか?)

その為に必要な要素として、圧倒的な体験と知識であっても良いんです。

もしくは「誠実」・「熱心」・「共感」という事も信用につながるんです。

そして「親近感」、さすがに直接顔を合わせて話が出来ないネット上では、

文章のみで伝えなければならないから、大変なものがあるんですね。




商売というもの

単純に考えれば、商品をお客様に販売すれば、商売は成立します。

でも、今はそれだけじゃ商売は成立しません。

売れる商品は何なのか?何時、何処で売れば良いのか、

下手すると在庫を抱えて、資金難に陥りかねません。

ネット上で商売するアフィリエイトなら尚更でしょう。

次の段階として、

商品を戸別訪問してセールスする方法がありますね。

労力と対価を考えると、安い小物を数売るよりは、高価な商品を数少ない客に販売する戦略をとります。

アフィリエイトに於いては、今は殆ど売れない時代になっているかもしれませんね。

普通の情報販売では売れないから、ノウハウを初心者に売る。

よくよく観察してみれば、そういう場面ばかりじゃないでしょうか?

そうじゃないブログなりは、何処で見れるでしょう?

つまり、売れるノウハウが欲しい初心者の需要が高い市場 というのが現状かもしれません。



もし、貴方がアフィリエイトに参加するなら、何が必要ですか?

「売れるコピーライト」の書き方でしょうか?
「売れるツール」ですか?
「売れるノウハウ」でしょうか?

いいえ

一番必要なのは、貴方の紹介する商品を買ってくれるお客様以外に無いはずです。

実はその為に必要なのは、目的を達する為の道具であり、枝葉なんです。

まよねーず工場
  • ライブドアブログ